上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目。

昨日の教訓から、今日はしっかりと起きて愉しくやろうと心に決めてはいたものの、流石に厳しい。
遅くまで起きてしまった影響が、ドシドシ出ている。

約3時間ほどの睡眠ののち、本日もパンオンリーの朝食。

初日、BTSの1日フリーパスを貰っていたため、今日はそれを駆使して様々に見て周ろうという魂胆。

BTSの駅までタクシーでゆこうと思いきや、ホテルのボーイらしき人物が勝手にタクシーを止め、親切の押し売りからか、どうやらタクシーの運転手に最寄の地下鉄の駅まで行ってくれとタイ語で告げた模様。

結局、地下鉄経由でBTSに乗車。
昨日散々な目に遭いかけたファランポーン駅へ。

そこから再びタクシーで念願のワット・ポーへ。
因みにワット・ポーとは、大寝釈迦物とタイ式マッサージの総本山として知られている王室寺院(地球の歩き方 バンコク編P.96参照)でR。

云わばタイマッサージの東大なのでR。

50バーツを支払い、ワット・ポーに入場。

愉しい。

今回の旅の中で一番有意義なスポットだ。
マッサージの総本山だけあり、仏像がマッサージに因んだ型になっており可愛い。

そして、タイで一番見たかった大寝釈迦物が眼前に。
物凄い迫力だ。
真っ金金だ。
サガットの背景だ。
えらいものを見てしまった、といった感じだ。

そして総本山のマッサージを受ける。
御満悦なのでR。
1時間しこたま揉み解してもらって1000円いかない。
憎いぜ。

タクシーで移動。

バッグパッカーが集まるというカオサン通りへ。
今回一番雰囲気の良い屋台街でR。

昨日のMBKというショッピングモールが上野アメ横ならば、ここは浅草仲見世だ。
何かがありそうな予感を起こさせる商店街だ。

マクドナルドに入店。
欧米人向けなのか、全てがデカい。
ダブルビッグマックなるものまである始末。

日本のテリヤキマックバーガーもあるのだが、『Samurai Pork Burger』という劇的な英訳で販売されている。

フィレオフィッシュバーガーに挑戦。
やっぱくせぇー。
食えたもんじゃねぇー。


トゥクトゥクで移動しようと交渉を試みる。
んが、タクシーで50バーツ(150円)で移動できる距離を250バーツ(750円)払えと吹っ掛けてくる。

恐らくトゥクトゥクの運転手になるような奴は、タクシーが運転出来ないような頭の弱い人間ばかりなのであろう。
お父さんがタイでトゥクトゥクの運転手をやっている人がいたらごめんなさい。

タクシーで移動。

カオスなショッピングモール、MBKへ。

タクシーを降りた途端、1台の原チャが目に入る。


大宮ナンバーだ。


恐らくは盗難車であろう。

東南アジア感丸出しでR。


実は前日、MBKを訪れタイのやよい軒を発見した際には、既にデジタルキャメラの電池が切れていたため、本日は充電済みのキャメラを持って、満を持しての撮影会だ。

目的は撮影だけなのだ。

あと、ショッピングモールの綺麗なトイレでうんこをするという目的もある。

因みに、MBKのトイレは2バーツかかる。
お出掛けの際にうんこを処理したくなったあかつきには、是非参考になさってください。

撮影をたっぷり済ませ、BTSで移動。
ここでようやくBTSの1日乗車券が登場する。
時刻は17時過ぎでR。

前々日訪れたスーパーマーケットにて、日本の製菓のタイ版のものを大量に買い込む。

物議をかもした『ペプシMAX』を土産に買ってゆこうと、エビスと話がまとまる。
んが、「飛行機の気圧で炭酸は爆発するのではないか」という稚拙な疑念が生まれる。

結局、「賭けだな」ということで購入決定。

無料トゥクトゥクで移動し、一昨日訪れた免税店で物色。

昨日、ある淫語が『チャックワーオ』と現地で発音することがわかり、その響きの良さから、常時何に対しても利用するようになってしまった。

この免税店でもついつい口から『チャックワーオ』が漏れてしまい、徹底的に店の人間からマンマークを受けることになる。

エビスが土産に『タイ国旗』か『タイっぽいトランプ』が欲しいとかねてから呟き続けていたのだが、ついにこの免税店にて断念。
トランプって何だよ。

BTS経由のタクシーで一旦ホテルへと戻る。


次回、『またたびふたたび禄 無情』では、「ガラス張り」と「五連」がキーワードになります。
どうぞおたのしみに。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://code871.blog17.fc2.com/tb.php/36-76fe2c12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。