上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6時起床。

案の定厳しい目覚め。
蒸し暑さ全開。寝汗満開。
強制的にシャワーを浴びる。

朝飯はバイキング。
どれもこれも惹かれない。
唯一信用できる食物はコッペパンのみだ。

「Fried Rice」と明記された炒飯のような米を食す。
ダメだ、臭くて食えたもんじゃない。

心無しかコーヒーまで癖があるように感じてくる。

7時20分ロビーに集合し、日本人による観光ツアーに参加。
独りで来ているらしい、片山晋吾ばりのテンガロンハットにアロハを着こなすメガネが僕らの標的になる。

道中、タイ名物の渋滞を経験。
信号待ちをしている車に対する窓拭き商売が尋常ではない。
「課長 島耕作」で読んでいたため、若干興奮。

船着場の前に到着し、船まで歩む。
途中、厳しい臭いが鼻をつく。
正直、男性の精液に酷似した臭さ。参った。

渡し舟に乗船し、チャオプラヤ川を横断。
2009_02200221.jpg

ワット・アルン(暁の寺院)に到着。

現地コーディネーターのくうちゃんに説明を受ける。
モノマネをマスターする。

中々の傾斜の建物で、圧倒される。

バスで移動し、王宮とエメラルド寺院を見学。

ヒスイで出来たエメラルドに輝く仏像を目にしたエビスと藤田Pは、
「吸い込まれる」「神聖な気持ちになる」を連呼。
確かにエビスは中々立ち上がらず、目もイッちゃっていたのだが、「もう行こうよ」と真っ先に言い出したのは紛れも無く藤田PでR。

何故か全く興味の無い金を売る物産展に寄り、タイ料理のバイキングへ。
藤田Pは日本で宣言していた通り、トゥクトゥクマグネットを大人買いする。

んがしかし、タイ料理のバイキングというのは、言ってしまえば朝食べた「臭い料理のオンパレード」ではないか、という疑問が生まれる。

「いや、流石にそれはないだろ」と一同。

現場に到着し、真っ先に発した「くっせ」という一言。
とにかく何もかも臭い。

結局満足に喰らえないまま終了。
飯が不味いということは、死ぬということだ。

14時過ぎ、タイ唯一の巨大免税店でツアーは解散する。

タイのタバコのグロテスク具合に慄く。
日本で言う「喫煙は、あなたにとって~」というメッセージ欄が、タイでは肺が真っ黒になった写真や、臓器が侵されたリアリティフォトで埋め尽くされているのでR。
決して飲食店には持ち運べない代物だ。

セブンイレブンに入店。
日本とは然程変わらないものの、店の規模が小さい。
「喉が渇いた」という理由だけでビールを購入。
ドラえもんフェア中のため、ドラえもん×セブンイレブンシールを手に入れる。

駅まで移動すると、大きな駅ビル。
地下にあるスーパーへ。

とても愉しい。
特に、日本にあるもののタイバージョンが様々な変化を遂げていて面白い。
お土産に「ソフィボディフィット夜用」のタイヴァージョンを購入。

ケンタッキーに入店。
小休止の為、ソフトドリンクを注文。
んが、エビスが注文した「ペプシMAX」なる飲み物がこれまた尋常じゃないほどの不味さ。
コーラではあるのだが、何故か湿布風味。

タイのゆりかもめ、BTSに乗車。
バンコク市内を縦横無尽に走っている。

トンローという駅に移動し、タイマッサージ屋を捜し求める。
歩んでいてどうしても怖いのは野犬だ。
街中にウヨウヨいるのでR。

「地球の歩き方」によれば、「野犬に咬まれて処置せずにいると100%といっていいほど死に至る」とある。
奴等は暑さでやられている昼間のぶん、夜は物凄く活発なのだ。

何とか野犬を回避しながらマッサージ店に到着。
タイ式マッサージにアロママッサージを加えたコースで2時間揉みに揉み解してもらう。
途中、気持ち良過ぎて反応してはいけない箇所が過敏に反応を示す。
後から確認したところ、藤田Pも同様の状況に陥った模様。

タクシーで一旦ホテルに戻る。
因みにタイのタクシーは初乗り2㌔で35バーツ(約105円)だ。
ホテルに着いた途端ボラれそうになり、男3人の気迫で何とかかわす。

着替えたのち、タクシーで夜の街へ。
ナナエンターテイメントプラザというタイの歌舞伎町へ。

ビール代の135バーツ(約400円)でタイ人女性が下着姿でひたすらポールダンスに興じるゴーゴーバーに初参戦。
豪遊を試みる。

結局夕飯はバーガーキングに落ち着く。
臭いものはもう口にしたくないのだ。

帰りはトゥクトゥクに乗って帰ろうと探し回った挙句、気付けばいつの間にやらスラム街。
野犬がウヨウヨしているため、結局タクシーで帰る。




「日本は豊かになった分、心が貧しくなった」みたいな総評をする人がよくいるが、今回の旅でそれはウソではないかと感じた。

豊かさをむさぼるために、人の心は貧しくなっていくのであると僕はこの日に強く感じた。

これは途上国に来なければ解らなかったであろう発見だ。


今日も疲れて爆睡だ。
エビスはそれでもマスクをしながら眠るのでR。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://code871.blog17.fc2.com/tb.php/33-4ac29a6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。